乾燥肌対策としてオールインワンをドラッグストアで買う

.オールインワンをドラッグストアで買う

化粧品やスキンケア用品を購入する場合、いつもどこで購入していますか?
私もそうですが、手近なところでドラッグストアで購入するというケースが多いのではないでしょうか。
シャンプーをや歯ブラシ、日用品を購入するついでに、化粧水や乳液を購入する人はたくさんいらっしゃるでしょう。
今のドラッグストアは、基礎化粧品コーナーがしっかり設けられていて、商品も充実しています。
また、POPや陳列の仕方にも工夫が見られ、ついつい手にとってしまう。
10代の若い女性に向けたデザイン重視の安いものから、40代以降に向けたしっかりしているけどそこそこ高いものまで、商品や価格の幅もしっかりしています。
ネットで購入するのとは違い、テスト商品が置いてある場合が多いので、試してから購入するかどうか決めることができるのは、店頭販売の魅力のひとつと言えますね。

 

 

ドラッグストアでオールインワンゲルを買う

化粧水や乳液の他に、クリームや美容液など、最近のドラッグストアには多くの基礎化粧品が揃っています。
そして、オールインワンゲルももちろん置いてあります。
では、ドラッグストアで購入しちゃダメなの?と感じますよね。
以前はあまりおすすめしませんでしたが、最近は、ドクターシーラボやファンケル、DHCなどといった有名メーカーの取り扱いをしているドラッグストアも増えています。
私もドクターシーラボやDHCの化粧品類を使用していますが、これは物によってはとても気に入っています。
添加物についても、心配いらないものもありますし、お値段は安すぎず、高すぎず、続けやすいのが魅力ではないかと。
ネットで購入することもありますが、急いでいる時に近所のドラッグストアで購入できるのはとても魅力的ですよね。
逆に、あまり聞いたこともないような安すぎるゲルを購入するのはおすすめできません。
せっかく乾燥対策用に使用しても、添加物が入っていて肌荒れを起こしてしまったり、乾燥を悪化させてしまうこともあります。
ドラッグストアでオールインワンゲルを買う場合、添加物や保湿力をしっかりチェックしてから購入しましょう。

 

効果に変化はない

ネットで買おうが、ドラッグストアで買おうが、オールインワンゲルの効果は変わりません。
しかし、商品によっては、保湿力があまりないものや、目的に合っていないもの、防腐剤やアルコール、界面活性剤などが配合されているものがあります。
これらは、人によっては肌荒れや炎症を起こす場合がありますので、成分表示の確認は面倒でもしっかり行っておきましょう。
また、化粧品の原材料は、配合量が多いものから記載されていますので、保湿力が高いセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが前の方に書かれているものを基準に選ぶとよいでしょう。