乾燥は顔だけにあらず

乾燥は顔だけにあらず

乾燥肌って聞くと、顔のガサガサをイメージしませんか?
実際のところ、顔が一番乾燥しやすく、その症状も現れやすいのです。
まあ、顔は服を着ませんから様々な外的攻撃を受けやすく、乾燥しやすいということですね。
秋から冬にかけて、乾燥しているなと感じると、保湿成分が配合されているクリームを使用したり、いつもより念入りにスキンケアを行うという人は増えるでしょう。
でも、本当にそれだけで大丈夫なのでしょうか。

 

 

 

乾燥するのは顔だけではない!

以前、エステに行った時に脚が乾燥していると指摘された経験があります。
自分では、全く実感がなかったのですが、言われてみると確かに体の乾燥を実感。
特に、ふくらはぎの前面は乾燥がひどくなってしまいました。
実は、お風呂に入ってゴシゴシ体を洗うことで、顔同様に必要な角質や油分まで洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。
それだけではありません。
顔の場合は、入浴後すぐにスキンケアを行いますが、他の部位って何もしないという人はたくさんいるでしょう。
これ、実はとても危険なのです。
入浴後は、体もしっかり保湿ケアしてあげることが必要になります。

 

 

乾燥するのは冬だけではない!

これ、とっても大切です。
実はお肌が乾燥するのは、秋や冬だけではないのです。
夏場だってお肌は乾燥します。
だからこそ、スキンケアはとても大切です。
顔はもちろんのこと、ボディケアもしっかり行うことが求められるのです。

 

 

体の乾燥対策

顔の場合、乾燥してるなと感じるのは、ヒリヒリしたり、ガサガサしたり、かゆみが出たりといった症状が出ます。
体が乾燥している場合も同じような症状が出るのですが、多くはかゆみが出るケースが多い様です。
かゆみは、我慢できればよいのですが、寝ている間などは無意識のうちに掻いてしまい、朝起きたら傷だらけになっていたり、血が出ていたりすることもあります。
そうなると、治すのが大変になってくるので、できるだけ乾燥対策はしっかり行っておきたいところです。
ボディクリームの使用もよいのですが、その場合はまず先に化粧水をたっぷり塗ってからクリームをつけてあげましょう。
顔のように高い化粧水でなくても構いません。
大容量の化粧水が販売されていますよね。
体は塗る面積がかなり広いので、できるだけ気にせず使えるものを使用するとよいですよ。
体の乾燥でおすすめなのが、スクワランオイルです。
直接つけてもいいし、入浴の際にお風呂のお湯にスクワランオイルを5〜6滴垂らした湯に浸かるのもよいです。
スクワランオイルが高いと感じる人は、保湿対策の入浴剤を使用してもよいです。

 

 

顔も体も大切な自分の一部ですから、乾燥からはしっかり守ってあげたいところです。
時間がないからと、適当にせず、また放置はもっての外です。
きちんと保湿をすることで、3年後5年後のあなたの老化に変化が起きます。
気付いた今から保湿ケアを行うことがとても大切なのです。