乾燥肌を改善する化粧品以外の方法

乾燥肌を改善する化粧品以外の方法

乾燥肌の改善方法というと、1にも2にも化粧品で保湿!というくらい、皆さんスキンケアを考えがちです。
もちろん、化粧水や乳液、クリームを使用して保湿することはとても大切です。
しかし、保湿するには内側からのケアも考えたいところですね。
そこで、乾燥肌を改善するための化粧品以外の方法をご紹介します。

 

 

乾燥肌を内側から改善する方法

内側から改善するのにもってこいなのは、何と言っても食生活です。
人は、食べ物によって老化が進み、食べ物によって若返ることが可能と言っても過言ではありません。
そのくらい、食べるものは私たちにとって重要であるということです。
では、どんなものを食べると乾燥肌の改善につながるのでしょうか。

 

タンパク質やオメガ3系脂肪酸、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食べ物がおすすめです。
ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

タンパク質

肉類、魚類、大豆、卵、乳製品などに多く含まれています。
特に、ビタミンB6と同時摂取することで吸収率がUPします。

 

<効果>

  • お肌の生まれ変わりを促す
  • ターンオーバーを正常に行うことができる
  • 天然の保湿因子を作り出すことができる

 

オメガ3系脂肪酸

イワシ、サンマ、サバなどの青魚や、アマニオイル、エゴマ油などに含まれます。
オメガ3系脂肪酸は熱に弱いため、油を使用する際にはそのまま食す、魚はお刺身で食べるのがおすすめです。

 

<効果>

  • お肌の保湿機能を改善するためのセラミドの材料となる
  • 細胞膜・ホルモンの材料となって、美肌を保持できる

 

ビタミン類

  • ビタミンA…レバー、うなぎ、ホウレンソウ、ニンジンや卵などに多く含まれる
  •  

  • ビタミンB群…レバー、うなぎ、豚肉、納豆、牛乳などに多く含まれる
  •  

  • ビタミンC…キウイやみかん、いちごなどの主にフルーツに多く含まれる
  •  

  • ビタミンE…アーモンド、ごま、大豆、アボカド、ナッツなどに多く含まれる

 

<効果>
主にお肌のターンオーバーを活発にしたり、正常に機能させたりする働きがあります。
また。ビタミンEには新陳代謝の活発化や、お肌のバリア機能の向上など防御力UPも期待できます。
ビタミンCには、コラーゲンの合成促進効果も期待できるため、生のフルーツや野菜を食べるのがおすすめです。
野菜を茹でる際には、茹ですぎると栄養素が水に流れ出てしまうので、さっと短い時間茹でるのがポイントです。

 

 

毎日の食卓に、お肉やお魚、野菜にフルーツがバランスよく並んでいると、ある程度栄養は偏らずに摂取出来ていると思ってもよいのですが、これが毎日朝はパンかコーヒーだけ、昼はハンバーガーやカップラーメン、夜は外食となってしまうと、カロリーの問題だけでなく、栄養的にも恐ろしい結果になってしまいます。
これでは乾燥肌になり、老化は進む一方となってしまうので、バランスのよい食事を心掛けましょう。
お菓子の食べ過ぎも要注意ですよ。